股関節疾患について

股関節に痛みがある患者様へ

関節の痛みは、日常生活動作や歩行に支障をきたし、生活の質を低下させます。

変形性股関節症は日常診療の中で比較的多くみられる疾患の一つです。当院では保存療法で改善が乏しい場合、手術(人工関節置換術など)を行っています。

関節炎を生じる疾患として、先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全、関節リウマチなどが知られています。
※ 関節リウマチ治療の基本は薬物治療(抗リウマチ薬、生物学的製剤など)となります。詳細に関してはリウマチ・手外科外来を受診してください。

変形性股関節症について

変形性股関節症は、先天的な股関節の適合障害(先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全)や加齢に伴う退行性変化によって、関節を構成する軟骨が変性・摩耗していく疾患です。

進行すると関節全体が大きく変形し、疼痛(安静時痛、夜間痛)や下肢アライメント異常を生じるため、歩行障害や日常生活動作の制限をきたします

【この病気を放置した場合】
適切な治療(保存療法や手術)を受けずに放置した場合、さらに変形が進行することで、

・ 下肢の筋力低下や歩容(歩き方、一連の身体動作)、姿勢の悪化
・ 腰椎や膝関節などの隣接部位の疼痛・変形
・ 運動機能の低下に伴う心臓や肺機能の低下
・ 消炎鎮痛薬の長期投与に伴う腎・肝機能の低下、胃腸障害
・ 生活習慣病(糖尿病など)の悪化

 

【保存療法】
消炎鎮痛薬や運動療法(理学療法士によるリハビリテーション)、関節内注射(ヒアルロン酸、持続性ステロイド)などの保存療法は、科学的に有効性が証明された優れた治療です。
これらの保存療法で改善が乏しければ手術を検討します。

 

【手術】
手術の目的は、痛みを取り除くことと関節機能を再建することです。
傷んだ関節を手術したとしても、それだけで完全に元通りの機能に回復するわけではありません。本来人間の体にある治癒力と手術後のリハビリがあってこそ、関節痛に悩まされる前の関節機能を取り戻せるのです。
「治りたい」と思う患者さまの思いと、「治したい」と思う私たち医療者の弛まぬ努力、いずれも手術の「成功」には欠かせない要素です。

○ 関節温存手術
本来の股関節を出来る限り温存する手術として、関節鏡による関節唇縫合・部分切除術、骨棘切除術など複数の治療法があります。

※ どの関節温存手術を行ったとしても、永続的に健康な関節機能を取り戻すことは困難なため、これらの手術法は人工関節が好ましくない若年者に対する”つなぎの手術”としての意味合いが強いです。

○ 人工関節置換術
軟骨がすり減り変形してしまった関節表面の代わりとなる、人工的に作られた関節です。手術方法として、人工股関節置換術(THA: Total Hip Arthroplasty)があり、専用の人工関節が使用されています。

近年、医用材料工学や材質加工技術の発達、インプラントデザインや手術手技の改善、生体適合性材料の開発など、人工関節はより一層進歩しています。こうした数多くの基礎的研究とエンジニアの活躍、医学と工学、産業分野の連携によって生み出された人工関節は、将来的にさらなる耐用年数の延長と、高い臨床評価がなされるものと期待されています。

材質:チタン合金やコバルトクロム合金、セラミック、ポリエチレンなど
※ 金属アレルギーをお持ちの方でも、事前のアレルギー検査にて反応がでない素材を選びますので、ご相談ください。

耐久年数:約15年
※ 患者さまの活動性や体格、骨強度(骨密度と骨質)などによって異なります。

 

変形性股関節症に対する手術:人工股関節置換術について

変形・摩耗した関節を大腿骨側、骨盤(臼蓋)側それぞれ人工関節に置き換える手術です。

骨盤側:カップ(ソケット)
大腿骨側:ステム
関節面:超高分子ポリエチレン、セラミックなど
※ 摩耗の少ない素材を使用しています。

 

手術後のリハビリテーション

通常は手術後早期(翌日~2日目)から離床・荷重歩行を許可しています。
手術後の回復は、患者さまの病状によって異なりますが、術後約1~2週間で杖歩行が可能となり、2週〜1ヶ月で退院となります。

※ 執刀医師や患者さまの状態(手術前)よって、手術アプローチやリハビリスケジュールは異なります。

 

患者さまへご案内

当院では、主治医を中心としたチーム(看護師、薬剤師、リハビリ担当者など)が患者さまの情報を共有することで、一人ひとりに合った治療を行っています。院内に設置された回復期リハビリテーション病棟とも連携し、手術後に安心して退院が可能な状態になるまで、十分なリハビリを受けられる環境を整えています。

また地域連携課スタッフによる退院支援を行っており、退院後のかかりつけ医への通院や訪問リハビリの相談も可能です。ご希望の方は是非ご相談ください。

 診療科一覧へ戻る

診療科の紹介