形成外科

形成外科医師紹介ページへ

診療方針

形成外科の役割とは、外傷・腫瘍切除・先天異常などによる組織の変形や欠損に対して整容面と機能の回復を目的とし、生活の質(Quality of life)の改善に貢献することです。特に、ご自身で眼に見える部分の変形や傷痕は心の負担となり社会生活への支障となることもあります。この点から、整容面の問題を社会的機能障害と捉え、可能な限りそれぞれの患者様の要望にあった治療方法の提供をさせていただきます。

 

診療内容

〈外傷〉
けがの治療は、早期の社会復帰や感染などの合併症予防のために可能な限り早期に治癒させることが重要です。そのため、きずの状態によって縫合処置やさまざまな軟膏・被覆材を使い分けて治療いたします。

〈皮膚腫瘍・軟部腫瘍〉
皮膚の良性腫瘍(粉瘤やほくろなど)・軟部腫瘍(脂肪腫など)の切除や皮膚悪性腫瘍の治療を行います。また、腫瘍の切除によって生じた皮膚欠損に対して、植皮術(皮膚移植)や皮弁術を行います。腫瘍の治療だけでなく、きずあとのケアまで一貫して行います。

〈熱傷(やけど)〉
やけどは熱の影響を受けた深さ・範囲によって治療内容・治療期間・予後が異なります。やけどのきずあとが目立ちにくくなるよう、早期治療の段階からケアいたします。

〈顔面骨骨折〉
顔面の骨が骨折してずれてしまうと顔の形態が変化するだけでなく、時に機能障害(口があきにくい、あるいは閉じにくい・物が二重に見える・しびれるなど)を起こします。

〈瘢痕(きずあと)〉
できてしまったきずあとが赤く硬く盛り上がった状態(ケロイド・肥厚性瘢痕)になると痛みやかゆみが生じ、場所によっては拘縮の原因ともなります。保存的治療・外科的治療で対応いたします。

〈難治性潰瘍〉
褥瘡(床ずれ)・糖尿病性皮膚潰瘍・放射線治療後の皮膚潰瘍などが含まれます。

〈眼瞼下垂症〉
眼瞼下垂症では、まぶたが上がりにくくなり時に視界が制限されます。まぶたを引き上げる筋肉や腱膜に原因がある場合と、まぶたの皮膚が垂れ下がっている場合があり、患者様の状態を確認し手術の方法を決定します。

〈陥入爪・巻き爪〉
ワイヤー矯正やフェノール法による治療を行っております。

〈腋臭症(わきが)〉
当院では皮膚切除法あるいは皮弁法による保険診療を行っております。
お気軽にご相談ください。

 

形成外科手術実績

平成28年度 入院手術 外来手術 合計
熱傷 2 0 2
顔面軟部組織損傷 0 29 29
顔面骨骨折 14 2 16
その他の外傷 3 16 19
先天異常 1 0 1
良性腫瘍 16 228 244
悪性腫瘍とその再建 5 0 5
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 1 3 4
褥瘡・難治性潰瘍 18 1 19
その他 82 111 193
合計 142 390 532

その他:
眼瞼下垂症71件、眼瞼・睫毛内反症22件、眼瞼外反症2件、顔面神経麻痺静的再建5件、腋臭症1件、陥入爪手術91件、毛巣洞1件

 

医師

高久暢

学歴

徳島大学 H17卒

学位
医学博士
所属学会

日本形成外科学会   日本顎変形症学会
日本創傷外科学会

認定等

日本形成外科学会専門医
臨床研修指導医

 診療科一覧へ戻る

診療科の紹介