麻酔科

診療方針

柏厚生総合病院麻酔科では、主に中央手術室で手術が必要な患者さまへの全身麻酔・区域麻酔を中心とした麻酔管理を行っています。安全で、かつ苦痛や身体への悪影響の少ない手術、麻酔と、患者さまの術後の早期回復のための周術期医療を実践しています。 我々麻酔科医の仕事は、手術中の麻酔だけではなく、手術後に呼吸器や循環器の合併症を起こさないようにすることや、痛みのない快適な術後管理をすることも重要な仕事です。そのため当院麻酔科医は、術中管理だけでなく、術前から患者さんの全身状態を十分把握し、術後の鎮痛にも十分注意を払って、安全で質の高い快適な周術期管理を行っています。手術中は高性能なモニター機器を使用し、最新の麻酔法を取り入れて、患者さまの体の状態を常に監視、異常に対しても直ちに対処できる体制を整えています。また近年は鎮痛のため、従来の区域麻酔方法に加えてエコー(超音波)ガイド下の各種神経ブロック療法等を様々な手術の鎮痛のために積極的に取り入れています。
当院は医療法に基づく麻酔科標榜許可を得て、日本麻酔科学会指導施設の認定を受けています。複数の学会認定麻酔科指導医を中心に、麻酔科専門医、麻酔科認定医のもと、他診療科とも密に連携して安全な周術期医療の確立のために活動しています。

診療内容

麻酔方法について

・全身麻酔
・区域麻酔(脊髄くも膜下麻酔、硬膜外麻酔 等)
・各種神経ブロック
・局所麻酔

手術を受けられる患者さまへ

手術の内容や患者さまの状態合わせてこれらの麻酔方法を単独、または併用します。手術前には出来るだけ麻酔科医が麻酔について説明と術前診察に伺います。麻酔についてご不明な点があればお尋ね下さい。少しでも不安なく緊張せずに手術をお受けいただけるように当麻酔科では、手術中の患者さまの安全はもとより術前・術後の生活の質を高める努力をしています。

医師

部長 田中久博

学歴

帝京大学 H3卒

所属学会

日本麻酔科学会

認定等

日本麻酔科学会指導医・専門医
麻酔科標榜医

星野裕子

学歴

福島県立医科大学 H18卒

所属学会

日本麻酔科学会

認定等

日本麻酔科学会専門医
麻酔科標榜医

又吉重彰

学歴

滋賀医科大学 H24卒

所属学会

日本麻酔科学会        日本区域麻酔学会
日本老年麻酔学会

認定等

日本麻酔科学会専門医
日本老年麻酔学会認定医
麻酔科標榜医

鈴木絵理

学歴

埼玉医科大学 H26卒

所属学会

日本麻酔科学会

認定等

麻酔科標榜医
日本医師会認定産業医

 診療科一覧へ戻る

診療科の紹介