皮膚科

皮膚科医師紹介ページへ

診療内容

皮膚科では、湿疹、アトピー性皮膚炎、足白癬(水虫)、鶏眼(うおのめ)、胼胝(たこ)、疣贅(いぼ)、帯状疱疹、蜂窩織炎、脱毛症、乾癬、水疱症など幅広い皮膚疾患を扱います。

診療においてはまず皮疹を十分に肉眼で診察させていただき、これまでの経過などを伺います。さらに検査などを行った後に、診断を行い、病気や治療法について説明させていただきます。
できるだけわかりやすい説明、丁寧な治療をすることで、来院される多くの方に満足していただける医療を提供しようと心がけております。

当科の特徴としては、総合病院の利点を生かし、各種検査や他科との連携を通じ、様々な皮膚疾患の奥にひそむ原因の精査を行えます。また重症の帯状疱疹や蜂窩織炎などは点滴治療が必要であり、迅速に入院治療を行うことができます。
なお、陥入爪や皮膚腫瘍に関しては当院形成外科に紹介させていただきます。また当科での対応が難しい疾患や病状の場合、大学病院など他施設を紹介させていただくことがあります。

 

受診される方へ

診断には詳細な病歴を教えていただくことが必要であり、初めて来院される方には、これまでの経過や治療歴などを問診票への記入していただくようお願いしております。他院での外用薬や内服薬などの詳細を教えてください(できればお薬手帳などをご持参ください)。

当科に受診される方の特徴として、症状の経過が長い方、他病院で治療された経験のある方、皮膚疾患に関連してさらなる検査が必要な方などおられます。それぞれの方に十分な診察を行わせていただきたいと思っています。そのため、診察時間が長くなり、待ち時間が長くなることもあるかと思います。どうかご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

医師

峯嘉子

学歴

長崎大学 H14卒
琉球大学大学院 H24卒

学位
医学博士
所属学会

日本皮膚科学会

認定等

日本皮膚科学会専門医
臨床研修指導医

川添貴弘

学歴

獨協医科大学 H16卒

所属学会

日本皮膚科学会   日本熱傷学会

 診療科一覧へ戻る

診療科の紹介