眼科

眼科医師紹介ページへ

診療内容

眼科領域全般についての診療と白内障手術、眼底レーザー治療等眼科領域でのcommon diseaseに対して手術治療を行っています。
患者様とよく相談の上、納得いく治療選択を心がけており、患者様の目の健康を守り、快適で豊かな生活を支えていけるように努めて参ります。
また、総合病院での利点である他科との連絡を通じ、糖尿病、高血圧症等の管理を含めて体の健康を維持できるようにも眼科の立場からサポートしていきたいと思います。

対応疾患

白内障

目の中のレンズ(水晶体)に曇りが生じる病気です。かすみ、視力低下、まぶしさ、近視の進行等が生じてきます。
白内障は主に加齢とともに進行することが多く、根本的な治療は手術しかありません。
手術では、2.5mm以下の小さな切開創から行い、混濁した水晶体を人工水晶体(眼内レンズ)と取り替えます。
手術を受ける時期については、患者様自身が生活に不自由を感じてからでよいと考えますが、一部緑内障に移行しやすい白内障であったり、あまり待ちすぎると手術が難しくなる白内障もありますので、曇り感を感じるようであれば、一度受診されることをおすすめします。

緑内障

視神経(網膜で受け取った映像情報を脳に伝える神経)が障害される進行性の病気です。
進行性の視野障害が生じてきますが、中期以降になると視力低下もきたし、最終的には失明にいたる可能性があります。
緑内障での神経障害は不可逆的な変化と考えており、病状を改善させる治療がありませんので、なるべく自覚が出ないうちに視野検査等で早期発見し、進行を抑制するための治療を早期に開始する必要があります。 緑内障の治療(視野の維持)では眼圧(眼の水圧)を低く保つことが有効とされており、現在様々な点眼治療が開発されています。
患者様の病状に応じて適切な点眼治療を選択していきますが、点眼治療での効果は個人差があり、また途中で点眼治療が効かなくなってくることもありますので、定期健診をうけていただく中で、治療薬の調整を行います。 一部の方では、点眼薬だけでは緑内障の進行が止まらない、眼圧下降が得られない場合があり、その場合には重症化する前に、手術治療で緑内障の進行を抑制し、視野の維持を保つ必要があります。当院では緑内障手術が必要と思われる患者様に関しましては緑内障加療では国内有数の規模の東京大学医学部付属病院に紹介させて頂いております。

老人性眼瞼下垂症

まぶたを挙上させる筋肉の働きが弱くなったり、瞼板とのくっつきが弱くなり、うまくまぶたを開けられない状態になる病気です。
上方の視野障害が生じ、非常に見えにくい感じになる他に、まぶたを自分であけるストレスが強くなりますので、目の疲れや肩こり、全身倦怠等の様々な不自由さがでてきます。加齢性に生じるものでは、もとの瞼板とのくっつきを強化したり、眼瞼挙筋を短縮することが有効な治療になります。まぶたを挙上するストレスが大幅に解消されることがありますので、つらくなっている患者様は一度相談にいらして下さい。 手術は形成外科で対応しております。

老人性下眼瞼内反症

加齢に伴い、下眼瞼が弛んではりが無くなり、また眼瞼内の脂肪が多くなることから、内側にめくれ込む形になり、一部の睫毛だけでなく、全ての睫毛が角膜を傷つけるようになり痛み、異物感が生じます。
睫毛を除去しても短期間でまた生えてきて、角膜を傷つける事になりますので、根治には眼瞼を外に倒すなどの眼瞼形態を整える眼瞼形成手術が必要です。手術は形成外科で対応しております。

糖尿病網膜症

長年の糖尿病に伴い、網膜(眼底)の血管から出血が生じたり、網膜、黄斑部にむくみが生じるようになります。進行すれば、新生血管が生えて、眼内にも出血を繰り返すようになったり、網膜剥離が生じるようになったり、新生血管緑内障という難治性の緑内障が生じるようになり、重篤な視力低下、失明が生じる可能性があります。
網膜症は重症化すれば治療不可能になりますので、適切な段階で、治療計画を立てる必要があります。初期段階では糖尿病自体の治療、中期以降に進行した場合には、眼底レーザー治療による新生血管発生の予防を心がける必要があります。初期段階では、視力低下もなく、自覚症状が無いのですが、逆に自覚症状が出てからでは、治療を開始しても手遅れになる場合もありますので、内科に糖尿病と診断されている方は、眼底の定期検査が必要です。

黄斑疾患

黄斑部は網膜の真ん中で、視力に直結する特に重要な部分になりますが、そこに浮腫(腫れ)、出血等が生じ、視力低下や歪み感が生じることがあります。
硝子体手術という直接眼内に器具を入れて治療する方法が基本になり、大学病院や眼科専門病院での治療が必要な場合も多いですが、加齢黄斑変性症や眼底出血に伴う黄斑浮腫等の一部の疾患では、眼内に特殊な薬物を注射することで、病気の進行を抑えたり、改善させることが可能な場合もあります。
低侵襲な治療ですので、適応があれば、硝子体手術に変わる治療もしくは硝子体手術前に試みてよい治療と考えられます。
当院では黄斑変性症加療を大学病院と連携して専門的な検査を東大病院で、加療を当院にて行っております。

医師

部長 山本和弘

学歴

東京慈恵会医科大学 H17卒

所属学会

日本眼科学会

認定等

日本眼科学会専門医
難病指定医

神力祐子

学歴

東京女子医科大学 S58卒

学位
医学博士
所属学会

日本眼科学会

認定等

日本眼科学会専門医
身体障害者福祉法指定医(視覚障害)
難病指定医

 診療科一覧へ戻る

診療科の紹介