沿革

1979年 4月 地鎮祭
12月 開院(診療開始)
1980年 2月 増床許可(160床)
1981年
3月 救急・労災指定
増床許可(172床)
7月 増床許可(188床)
1984年 3月 小児科及び特別診療室設置
7月 医療法人となる 医療法人 社団協友会 柏厚生病院
1985年 5月 日本病院会より優良人間ドック施設として指定
7月 眼科常設
8月 歯科診療開始
1986年
7月 増床許可(235床)
1994年 3月 日本整形外科学会認定医制度研修施設の認定
1996年 10月 柏訪問看護ステーション開設
1999年 3月 柏厚生総合病院へ名称変更
9月 増床許可(263床)
10月 こすもす訪問看護ステーション開設
2000年
4月 新館オープン(263床)
MRI導入・通所リハビリテーション開始
2002年 2月 全日本病院協会より健康保険組合連合会・日帰り人間ドック施設として指定
2003年
11月 管理型臨床研修病院指定
2004年 4月 褥瘡患者管理加算受理
2005年
10月 柏訪問看護ステーション定款変更
(こすもす訪問看護ステーションと統合)
2008年
11月 新病院新築移転
12月 日本呼吸器学会専門医制度認定施設の認定
日本がん治療認定医機構認定研修施設の認定
2009年 1月 日本外科学会外科専門医制度修練施設の認定
3月 障害者自立支援法指定自立支援医療機関の指定
5月 一般病棟入院基本料(7:1)の受理
7月
日本麻酔科学会認定施設の認定
2010年 1月 日本消化器外科学会専門医修練施設の認定
日本消化器病学会認定施設の認定
8月 オーダリングシステム稼働
12月 日本消化器内視鏡学会指導施設の認定
2011年
5月 慶應義塾大学関連病院に認定
8月 回復期リハビリテーション病棟(46床)開設
オーダリングシステム2次稼働
2012年 2月
日本内科学会教育関連病院の認定
3月 日本医療機能評価機構による『病院機能評価 ver.6』認定
4月 日本静脈経腸栄養学会NST稼働施設の認定
9月 千葉県がん診療連携協力病院に指定
2013年 4月 循環器専門医研修関連施設の認定
9月 日本栄養療法推進協議会認定NST稼働施設の認定
2014年 1月 食道外科専門医認定施設の認定
日本乳癌学会関連認定施設の認定
3月 保育室竣工
7月
日本胆道学会指導施設に認定
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会エキスパンダー実施施設に認定
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会インプラント実施施設に認定
12月 日本脈管学会認定研修関連施設に認定
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施施設に認定
日本消化管学会胃腸科指導施設に認定
2015年 1月 別館竣工
2月 増床許可(318床)
3月 回復期リハビリテーション(3)病棟(40床)開設
健診センター移転統合
9月 回復期リハビリテーション(1)病棟(86床)開設
10月 日本大腸肛門病学会認定施設に認定
11月 ハイケアユニット(8床)開設
2016年 1月 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会ストーマ認定施設に認定
6月 病床種別変更(一般病棟(7:1)175床→221床、回復期リハビリテーション(1)86床→40床)
11月 日本口腔外科学会准研修施設に認定
日本脈管学会認定研修指定施設に認定
腹部ステントグラフト実施施設に認定
3テスラMRI装置導入
2017年 1月 外来診療室を4室増室
3月 3月日本医療機能評価機構による『病院機能評価 3rdG:Ver.1.1』認定
6月 6月病床種別変更(障害者病棟→一般病棟(7:1))一般病棟278床に
7月 血管造影室開設
日本糖尿病学会教育関連施設に認定
8月 無菌室(2床)開設

病院案内