手術支援ロボットdaVinci®による前立腺全摘術

2019年4月に当院に手術支援ロボットdaVinci®が導入されました。当科では前立腺癌に対する前立腺全摘術から開始しております。ロボット支援手術は、腹腔鏡手術の鉗子が多関節になっており、それを遠隔操作で行う手術です。前立腺全摘術は視野の確保と出血コントロールが非常に難しい手術ですが、ロボット支援手術ではそこにメリットがあります。しかしdaVinciが全てを解決してくれるわけではなく、手術の良し悪しは術者の裁量で決まります。機械に頼るだけではなく、開腹術で培った技術を応用し、より低侵襲で根治性の高い手術を実践して参ります。

 診療科一覧へ戻る

診療科の紹介