病理診断科

当科の業務は、主に病理組織診断です。
病理組織診断とは、患者さまから採取された検体(細胞・組織・臓器)から重要な部分のプレパラート標本を作製し、顕微鏡で詳しく観察・検討し、病気の診断を行う業務です。
その診断結果は各診療科での患者さまの治療方針を決定したり、病気に対する治療の効果を判定したり、患者さまの治療 を適切に行う上で重要な役割を果たしています。
また、手術中に1検体あたり15分前後で病理組織を行い(術中迅速診断)、手術の適正な進行に貢献しています。

 

医師

部長 徳留隆博

学歴

鹿児島大学 S55卒
鹿児島大学大学院 S63卒

所属学会

日本病理学会

認定等

日本病理学会専門医
日本病理学会病理専門医研修指導医

 診療科一覧へ戻る

診療科の紹介