人工肘関節置換術

人工肘関節置換術とは

人工肘関節置換術は、痛みの原因となる擦り減りや変形を生じた関節表面を取り除いて、人工の肘関節(インプラント)に置き換える手術です。
インプラントは大きく上腕骨と尺骨の2つに分けられます。この2つは金属製ですが、蝶つがい部分の素材は耐久性に優れた超高分子量ポリエチレンでできており、これが軟骨の代わりになります。

この人工肘関節によって正常に近い肘関節の運動が可能となります。

 

 診療科一覧へ戻る

診療科の紹介