薬剤科

私たち薬剤師は、患者さまが安全に薬物治療を受けられるように、患者さま一人一人にあったお薬の管理と説明を通して安心して治療が受けられる環境を提供しています。また医療チームの一員として医師、看護師、その他医療スタッフと連携を取ることで安全な薬物療法を実践し、患者さまに満足して頂ける病院として評価してもらえるようにスタッフ全員で努力をしています。

調剤室

処方せんに基づいた調剤業務を行っています。調剤室では、患者さまにあったお薬の量や飲み合わせ、重複していないかなどを確認し調剤をしています。また、自動錠剤分包機を用いて患者さまの薬を一包化(ワンドーズパッケージ)にすることで、患者さまが多種類の薬を服用し易くしています。

 

注射調剤室

注射薬は、血管内に直接投与されるので使い方には特に注意が必要です。患者さまの病状に応じて処方内容が細かく変化するため、薬剤師は処方せんに基づいて1回分ずつ調剤しています。注射薬の調剤では、患者さまの検査値、年齢、体重、食事摂取量など様々な状況を考慮し、処方されたお薬の投与量、投与方法、配合変化(混ぜてはいけない薬)などの確認を行い調剤しています。

 

無菌製剤混注業務

注射薬は、血管内に直接投与されるので衛生管理にも、とても気を遣わなくてはなりません。

患者さまに使用する点滴の中には1日に必要な栄養のほとんどを摂取できる高カロリー輸液があります。栄養に富んでいるため食事が摂取できない時にも必要な栄養を摂取することができますが細菌汚染されやすい欠点があります。薬剤科では、無菌製剤室内にクリーンベンチという専用の設備を設けて無菌的に高カロリー輸液の調製を行っています。

またがん化学療法で使用するお薬は、安全キャビネットという専用の設備と専用の混注器具を用いて調整を行うことで抗がん剤を扱うスタッフの安全管理にも努めています。

 

薬剤管理指導業務・病棟薬剤業務

患者さまが安心して薬が飲めるように、患者さまあるいはご家族の方へのお薬の説明、服薬状況の確認、副作用のチェックなどを行っています。また患者さまや医療従事者が薬物療法に対して不安を感じることがないように医薬品の安全管理を実施し安心して治療がおこなえる環境を提供しています。

 

外来化学療法室

がんの治療は、副作用対策の進歩や副作用の少ない抗がん剤の開発により外来での治療が進んでいます。外来化学療法室では、患者さまが安全に抗がん剤治療を行なえるように、薬剤師もその日の体調をチェックし、抗がん剤を投与しても問題ないか確認しています。また抗がん剤治療の説明や副作用の確認、医師への処方提案などを行い患者さまが安全に治療ができるようにがん治療に深く関わっています。

 

医薬品情報管理室

医薬品情報管理室は、DI室(Drug Information)とも呼ばれ、医薬品に関する情報を取り扱う部署です。医薬品を安全に使用するためには、投与方法、投与量、副作用、相互作用などの様々な情報を収集し、その情報が適切なものか評価していくことが必要となります。収集した医薬品情報は、医薬品を扱う医療スタッフに提供することで薬の適正使用につながります。また、病院内で発生した副作用情報の収集も大切な仕事です。収集した副作用は、厚生労働省に報告することで医薬品の副作用情報収集活動にも協力しています。

 

専門・認定薬剤師

現代の医療は、医学や薬学の進歩とともに高度で複雑化しています。効果的な薬物治療を安全に行うためには各専門領域に高度な知識や技能を持った薬剤師が必要とされています。 当院には、感染制御専門薬剤師、NST専門療法士、糖尿病療養指導士などの資格を持った認定薬剤師が多数在籍し、それぞれの分野の医療に高い専門知識・技術で貢献しています。

 部門の紹介ページへ戻る

部門の紹介