看護部

看護部長挨拶

看護部長:石井 久美子

当院看護部は高度急性期から在宅看護まで、“切れ目のない医療”とすべての医療専門職が積極的に連携する“チーム医療”を強みに地域医療に貢献しています。
看護提供システムや教育体制を常に見直し、その時代に適した看護を創造していく柔軟性のある看護を目標にしています。
高度に専門化する医療を提供する当院では、看護師一人一人の能力を高め、「看護のプロフェッショナル」を養成することを責務としています。職場環境も教育機関として最新の電子カルテシステム、患者認証システム、看護支援システムなど働く側の安心と業務の効率化を図る仕組みに支えられ、安全で質の高い看護が実践できるように整えています。

 

看護部理念

人にやさしく信頼される看護の実践

 

1.看護の専門性を発揮し、信頼される質の高い看護を提供します。
2.医療における専門職として多くの知識を持ち、患者さまの立場に立って一番良いことは何かを追求します。
3.医療チームの一員として多職種と連携し、看護専門職としてチーム医療を実践します。
4.高潔な価値観を持ち、自ら考え正しく判断して医療チームと共に率先して行動する看護師を育成します。
5.看護を通じて地域医療の質を高めます。

 

教育体制

自律した看護師の育成のため「セルフ・キャリアドック制度」があり、クリニカルラダーを用いて一人一人の習熟度に合わせた教育プログラムを学ぶことができます。ラダーⅠ~ラダーⅤは看護師としての成長を目指し、ジェネラリストであると同時に高度先進医療にも対応できるレベルの高い看護師を養成します。マネジメントラダーⅠ~Ⅲは看護管理者の育成、認定看護師・特定看護師や臨床指導者を育成します。

 

新人教育

当院は厚生労働省「新人看護職員研修ガイドライン」に準拠した教育プログラムで全員参加型の教育システムを実施しています。多職種の新人との合同研修や、看護師、薬剤師、臨床工学技士などが教育指導にあたる専門技術研修など、全員で新人看護師の教育を担当します。現場ではプリセプターや臨床指導者が積極的に知識・技術の習得に責任をもって指導し、なるべく早い時期に成長した一人の看護師として働けるように支援します。

新卒看護師向けページ

看護師による「医療相談外来」のご案内

医療相談のご案内

当院に通院中または、入院中の患者様やそのご家族様であればどなたでも受診できます。受診を希望される場合は、予約が必要となります。
★当日予約も可能です★

 

 部門の紹介ページへ戻る

部門の紹介