化学療法

化学療法看護外来について

○化学療法看護外来の役割
 近年、がん化学療法の治療は「入院」から「外来」へ移行されてきています。外来化学療法室で治療をするケースや内服のみの治療となっているケースでは、生活する場所は在宅となります。入院していれば何か困ったときや話を聞きたいときにすぐに医師や看護師、薬剤師に相談することができますが、外来で治療をしているとすぐに相談することが難しいと思います。また、化学療法の副作用も全般的な薬剤にみられる吐き気や脱毛といった症状から皮膚障害など薬剤によって様々です。

これから化学療法の治療を受ける方や化学療法を受けている方の不安や悩みの相談をお受けします。副作用症状や日常生活で困っていることなどありましたら相談してみてください。

相談・指導内容

主に以下の内容について、相談を受け付けています。

〇がん化学療法についての基礎知識や抗がん剤についての情報提供
〇がん化学療法をうけることに対する不安や悩みについて
〇がん化学療法の副作用とその対処法について
〇がん化学療法の治療の選択や意思決定をする上での情報提
〇がん化学療法の治療を受ける上で経済面について各種制度についての相談

がん化学療法に関することでしたらほかの内容でも相談をお受けします。

お気軽にご相談ください。お待ちしております。

ご案内

○看護外来の日程とご予約について
 毎月、第1水曜第4木曜 の午前に外来を行っています。
ご希望の方は、外科窓口、化学療法治療室看護師にお声掛けください。
外来予約センターからもご予約は可能です。

○外来場所
 1階の外来治療室で行っています。売店の右隣です。

スタッフ紹介

○門脇 梨祥子
【資格】
がん化学療法認定看護師

外来看護スタッフや外来薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士、医事課、ソーシャルワーカーなどと連携を図っています。

 

看護部医療相談一覧ページに戻る

 部門の紹介ページへ戻る

部門の紹介