新型コロナウイルス感染拡大予防について

2020年11月19日
  • お知らせ

冬場になって全国で新型コロナウイルス感染の拡大が進んでおります。そのため当院では、感染予防対策をさらに強化して取り組ませていただきます。

患者さまやご家族の方には、ご不便をおかけしておりますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

柏厚生総合病院 院長 諏訪 達志

新型コロナウイルス感染予防対策

面会禁止

当院では入院患者さまに安全な療養環境を提供するため、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、入院患者さまへの面会を禁止させていただきます。
テレビ電話回線やLINEなどを用いたオンライン面会は可能です。

主治医からの病状説明や手術後の説明などは病棟内面談室・手術室入り口や各診療科外来で行わせていただきます。

正面玄関での対応

院内に入られる方の体温測定を行っております。熱がある方に対しては、他の患者さまとは隔離して、必要な検査などの対応を迅速にさせていただきます。

感染症外来

本館と別館の間のプレハブ医療施設において、発熱外来・感染症外来を行っております。PCR検査の結果が判明するまでは、待合室、診察室、検査室、会計までを他の患者さまと完全に隔離して対応させていただきます。

PCR検査

新型コロナウイルス感染を疑う患者さまや、手術や治療などの目的で入院される方に対して、PCR検査や抗原検査を行っております。新型コロナウイルス陽性の場合には、治療薬の試験的使用が可能な指定医療機関に移って治療を受けて頂いています。感染拡大を防止するためと、一般の患者さまに手術・検査・治療などを安心して受けていただくため、ご理解をいただけますようお願いいたします。

院内防疫管理

無症状の患者さまにおいても、新型コロナウイルス感染の可能性が否定できないため、院内の防疫管理の徹底を図っています。患者さまの診察毎に診察ブースの消毒を行い、一定時間毎にエレベーター内の消毒や待合エリアの消毒に努めています。

全ての患者さまに、安心して当院を受診し、安全に必要な医療を受けていただけますように、これからも職員一同で努めて参ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

柏厚生総合病院 院長 諏訪 達志

 患者・一般の方向けへのお知らせ一覧に戻る

お知らせ