逆流性食道炎(胃食道逆流症)の腹腔鏡下手術

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、胃酸などを含んだ胃内容物の逆流による食道の炎症をいいます。胃酸は非常に強い酸性を示すため、食道に逆流すると食道の粘膜に炎症を起こします。食生活の欧米化、肥満、高齢、ストレス増などが原因となり、最近、日本人に逆流性食道炎が増えています。

症状

最もよくみられる症状は、胸やけであり、みぞおちの辺りから胸の下の方へかけて、焼けつく、あるいは、熱くなるような不快感が出現します。のどの方まで上がってくる感じや、痛みを伴う場合もあります。その他、口まですっぱいものがあがってくる、食べたあとにムカムカする、胃や胸が痛むといった症状があります。また、慢性的な咳の原因となっていることもあります。

食道のしくみ

食道には食物をぜん動運動によって胃の中に送り込む機能があります。食道は横隔膜(おうかくまく)を貫く食道裂孔(しょくどうれっこう)を通って胃に通じています。横隔膜は、食道をしっかりと支える働きをしています。また、食道には食べたものが胃から逆流しないように、逆流防止機能が備わっています。

胃液(胃酸)が逆流しやすくなる原因

A. 下部食道括約筋のゆるみ
年齢とともに、食道と胃のつなぎ目でバルブのような働きをしている筋肉である“下部食道括約筋”のしまりが悪くなり、胃酸が逆流しやすくなります。

B. 食道裂孔のゆるみ
食道裂孔も食道と胃の境界部を外側から締め付けていますが、食べ過ぎの習慣や年齢とともに緩んでしまい、ここから胃がはみだす“食道裂孔ヘルニア”になることがあります。この場合、胃の一部が横隔膜より口側に脱出しているわけですから、さらに胃液が逆流しやすくなります。

C. 胃の圧力の上昇
肥満や妊娠などでも、腹圧の上昇に伴い、胃にも圧力がかかり、逆流しやすくなります。

逆流性食道炎の治療方法とは

通常、次の3つのステップで治療が行われます。

A.生活習慣の改善

逆流性食道炎の症状は、日常生活の改善だけでも緩和されることがあります。暴飲暴食、早食い、食後すぐに横になることは、逆流性食道炎にとっては三大悪です。以下に具体的な注意点を述べます。

胸やけを起こしやすい食品の摂取を控える。
脂肪分の多い食物、チョコレートなどの甘いもの、柑橘類、コーヒー・紅茶、香辛料、アルコール類、タバコなどは胃酸の分泌を高める、あるいは、胃内での食物の停滞時間が長いため、逆流を起こし易いとされています。

食後すぐに横になると胃酸が逆流しやすいので、食後1-2時間は横にならないようにする。
寝るときに胸やけが強い場合は、寝る前の食事は避け、夕食の量は少な目にして、上体を少し高くして寝ると効果的です(寝るときに頭部が10-20cm程度高くなるように、クッションやマットを折り曲げて布団の下に敷く等)

日常生活において腹圧を上げないようにする。
重いものを持たない、前屈みを避ける、ベルトを強く締めないように気をつけます。
腹圧が上がることによって逆流しやすい状態になります。

肥満解消に努める。
ゆっくり食べるようにして、食べ過ぎないようにします。過食は胃酸の分泌や胃内の圧を上げるため、特に夕食はあっさりとしたものをほどほどに摂るように留意するようにします。

B.薬物による治療

逆流性食道炎の薬物治療は、症状を和らげる対症療法になります。すなわち、逆流を抑えるのではなく、薬を用いて、逆流する胃液の量を減らしたり、胃酸の酸性度を減らしたりします。薬で症状を和らげるとともに、先に述べた生活上の注意点を守っていくことが大切です。治療薬としては、以下の様な薬物が用いられます。

1.胃酸分泌抑制剤
胃酸の分泌を抑える薬で、プロトンポンプ阻害剤(PPI)を主に用います。おおよその効果は90%程度です。逆流性食道炎はきわめて再発率の高い病気ですので、ほぼ一生その薬を飲み続ける必要があり、これらの薬の内服をやめてしまうと、すぐに症状がぶり返してきます。また、稀ですが、これらの薬の副作用として、肝機能障害や消化管障害(下痢や腹痛など)が報告されています。

2.制酸剤
胃酸を中和する薬で、胃酸分泌抑制剤と併用して使われることがあります。

3.消化管運動機能改善剤
食道の運動をよくして逆流してきた胃酸を押し戻したり、胃の運動をよくして胃からの排出を促す働きを高めますが、効果は限定的です。

C.手術による治療

生活習慣の改善と薬物による治療で効果がみられない場合には、手術による治療が必要になります。
手術では、噴門形成術というものを行うのですが、内容としては、逆流性食道炎の原因である、こわれた逆流防止機構の修復を行います。多くの場合に、食道裂孔ヘルニアを併発しているため、手術では、以下の3つの手順で行います。

(1)胸の中に入り込んだ胃をお腹の中に戻す。
(2) ゆるんだ食道裂孔を縫い縮める。
(3)胃を食道に巻きつけることにより、逆流防止機構を修復する。

逆流性食道炎の手術療法の実際

当院では、逆流性食道炎の手術療法として、腹腔鏡下手術による噴門形成術を行っています。

従来の開腹手術と比較して、腹腔鏡下手術では以下の様な利点があります。

・創が小さいので、術後の痛みが少なく、美容的にも優れている。
・入院期間が短く、 社会復帰が早い。

手術により、薬でコントロールできなかった症状が、少量もしくは薬を服用しなくても、コントロールできるようになります。

手術は一時的に金銭的負担がかかりますが、ほぼ一生薬を飲み続けることを考えると長期的には手術をした方が治療費は少なくて済むため、米国では手術が広く行われており、安全性と優れた効果が立証されています。

外科・消化器科 諏訪達志

 診療科一覧へ戻る

診療科の紹介