腹腔鏡下胆嚢摘出術

当院における腹腔鏡下胆嚢摘出術

さて、当院では胆嚢結石症および胆嚢ポリープ(隆起性病変)に対して他院同様、腹腔鏡で行っております。これはお腹を切ることはなく穴を開けるだけで腹腔内をテレビ画面の映し出して行う手術法ですが、いくつか、最新の機器と技術を駆使した当院だけの『売り』があります。まず、ほとんどの病院ではお腹に4つの穴を開ける4ポート法で行いますが、当院では症例によっては3ポート法を行っており、これも症例によりますが、上腹部は5 mmポート(普通は10 mm)を使用しておりますので傷は3/4以下、痛みも3/4以下となります。また、短時間で見込める症例では尿カテーテル(おしっこの管)を留置せず、下着を着けたままでの手術としております。入院期間は3-4日が標準ですが、1-2日の短期入院を希望される場合はご相談いたします。病院側はどんな手術であっても細心の注意を払って診療いたしますが、患者様にとっては極めて、安全かつ簡単な手術となっております。

内視鏡外科ページへ

 診療科一覧へ戻る

診療科の紹介