人工透析内科

当院の血液浄化療法センターでは、透析導入から維持透析まで行っております。

当センターでは、すべてのベッドでオンラインHDFが行えるようになっております。

オンラインHDFは、通常の透析では取り切れない老廃物の除去に優れており、代表的なものにβ2ミクログロブリンがあります。これを除去することは、透析アミロイドーシスの軽減や予防につながります。そのほかいろいろな種類の小分子蛋白が抜けることにより、透析による合併症の症状改善や、これから起こりうる合併症の予防が期待できます。

また最近では長時間透析も、注目されている治療法です。透析量を増やすことで、さまざまな効果が期待されています。

透析治療もさまざまな方法があり、薬剤もより良いものが開発されています。

患者さまの声に耳を傾け、個々の患者さまに合った透析治療を提供できればと思っております。

患者さまに質の高い確かな医療を提供できるように日々研鑚を積み、心の通った医療の提供を通じて、患者さまの生活の質の向上のお手伝いができればと、思っております。

医師

松井亜男

学歴

岡山大学 H12卒

所属学会

日本透析医学会

 診療科一覧へ戻る

診療科の紹介