手外科センター

手外科センターについて

「手外科」というと、整形外科の中でも一般的に馴染みの少ない診療科であるため、どんな時に受診をするのか、どのような治療を行なっているのか分からない方も多いと思います。

手外科は、手の痺れ、手の痛み、あるいは手指の動きが悪いといった症状に始まり、手の整容面なども含め、あらゆる手に関する悩みを扱う診療科です。整形外科の中の科なのでというと骨、関節のみを扱うと思われがちですが、手外科については神経、血管、腱まで扱う科です。

手という器官は人間が日常生活における多くの動作をするにあたってなくてはならない器官であり、また、力を要する仕事から繊細な動きを要する仕事まで幅広く対応しなくてはならないことから治療にあたって専門的な知識と技術が必要とされます。

当科で扱う疾患は骨折、スポーツ障害などの外傷はもちろんのこと、関節リウマチや変形性関節症などの慢性疾患、変性疾患に対しても治療を行っており、それに対応出来る専門のセラピストによりリハビリを行っています。

手の外科で診療をする上では的確な診断が必要とされますが、当院では神経伝導速度、MRI、手関節鏡などの高度な診断機器のほか、顕微鏡などの特殊な治療機器も兼ね揃えております。

以下に手外科で扱う主要な疾患について挙げます。

手根管症候群
手関節の付け根に手根管というトンネルがあり、そのトンネル内を走っている神経が圧迫される病気です。
人差し指、中指を中心に痛みが出ます。しびれは薬指、親指におよぶこともあり、指の使いにくさ等が生じます。
多くの場合原因不明ですが、圧倒的に女性に多く生じます。

腱鞘炎
手指を動かす腱が通過する腱鞘というトンネルの部分が狭くなる病気です。
指が曲がりにくい、伸ばしにくい、引っかかるなどの症状が起きます。
妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。
手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です。

変形性関節症
関節の使いすぎ、老化によって関節軟骨が摩耗し、痛み、腫れが生じます。
特に指の第一関節に生じるものをヘバーデン結節、第二関節に生じるものをブシャール結節、親指の付け根の関節に生じるものを母指CM関節症と呼びます。

骨折、靱帯損傷
手は日常的に外にさらされているため外傷を起こす機会が多いと言えます。突き指、打撲によって骨折、または靭帯の断裂が生じます。
多くはレントゲンで診断できますが、舟状骨骨折のように受傷時のレントゲンでは分かりにくい骨折もあり、注意が必要です。

腱の損傷
指を曲げたり、伸ばしたりする腱を切断すると指が動かなくなります。
ただ単に縫合しただけでは不十分であり、適切な処置が行われないと腱は癒着を生じ、指が動かなくなります。

関節拘縮
指の関節は骨折、靱帯損傷の後に関節が固くなることがよくあります。
また、外傷以外でも掌の腱膜が固くなってしこりやこぶのようなものができ指が拘縮を起こすことがありますが、デュピュイトラン拘縮という名前で呼ばれています。

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)
手関節の小指側にある三角線維軟骨複合体(TFCC)という膝でいうと半月板のような組織が損傷されることで痛みがでます。
腕を捻ったり手首を小指側に曲げた時に手関節の小指側に痛みが出ます。
半月板断裂の様に痛み、引っかかりの原因となります。

スポーツ障害
骨折、脱臼の場合はレントゲン検査にて容易に診断できるのですが、いわゆる捻挫といったものの場合レントゲンに写らない靭帯の断裂が原因であるため安易に治療されることがありますが、靭帯の断裂にも程度があり、場合によっては手術が必要なこともあります。
また、スポーツによる使い過ぎなどにより各部位に腱鞘炎が起こることもあります。

関節リウマチ
関節の滑膜が自己免疫の異常により炎症を起こし、痛みや腫れ、こわばりを引き起こす病気です。
現在では生物学的製剤の開発により劇的に治療が進歩しているものの、関節破壊により指、手関節の変形を生じる場合もあります。
スワンネック変形、ボタンホール変形など独特の変形パターンをとることが多く、日常生活に支障がある場合は手術を行います。

腫瘍(できもの)
指、手関節周囲には時々腫瘤(しこり)ができることがあります。
特に多いのはガングリオンでという中にゼリー状の物質の詰まった腫瘤です。
良性ですが気になる場合は注射器で内容物を吸引したり、再発を繰り返す場合は手術を行うこともあります。

肘部管症候群
肘の内側に肘部管というトンネルがあり、この部位で神経が慢性的に圧迫されたり引っ張られることで発症します。
症状として手の痺れ、内在筋(手の中にある筋肉)の麻痺などが生じます。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
肘関節の外側が痛くなる病気です。
中年以降のテニス愛好家に生じることからテニス肘と呼ばれていますが、実際は運動をしていない中高年層に多く見られます。
年齢とともに肘の腱が傷んで起こると言われています。

以上が主な手外科の病気ですが、当センターでは手だけでなく外反母趾症、変形性足関節症等の足疾患も扱っております。もし、お困りの場合は遠慮なくご相談ください。

鈴木 康一 医師 Koichi Suzuki

役職   :手外科センターセンター長
所属診療科:整形外科
専門診療科:手外科
出身大学 :東北大学
資格   :日本整形外科学会専門医
ああああああ手外科学会専門医

 診療科一覧へ戻る

診療科の紹介