リハビリテーション専門職の紹介

リハビリテーション科では以下の三職種が患者さまそれぞれの状態に合わせて、医師の指示の下に入院早期から治療介入を行っています。
リハビリテーションを行うに当たり、今後の方針や目標をご本人さまやご家族さまと一緒に決定することを大切にし、毎月リハビリテーション実施計画書を説明させていただきながら進めて参ります。

◆理学療法
理学療法では、起きる、座る、立つ、歩くなどの基本的な動作能力の改善、維持、悪化予防を目的に、筋トレなどの運動療法や、動作の再構築を目指した日常生活動作練習など、様々な治療を行います。必要な患者さまには義肢装具士とともに装具を作成したり、退院後の生活を想定した外出練習等も行います。当院では、術前・術後、発症早期から理学療法士が介入し、まずは廃用症候群(全身状態の低下)を予防することを大切にしています。そして、退院後も続くその方らしい暮らしの実現に向けて、急性期から回復期において、常に在宅生活を見据えた心身機能・構造レベルへのアプローチを集中的に実施しています。

◆作業療法
作業療法とは、その方が生活する中で「やりたいこと」「やる必要があること」「期待されていること」=作業活動を通して、より自分らしく生きていくことを支援していくことです。当院の作業療法士は、「患者さまが病気やけがによりやりたいことが出来ない時に、その人と、その人に関わる人ができるだけ満足できる生活を送れるように援助しよう」をスローガンに様々な生活課題を患者さまと共に解決していきます。
退院した後に安心して生活できるようにトイレ・入浴などの日常生活動作の練習を行ったり、自分らしく生きがいを持って暮らせるように仕事や家事、余暇などの練習や代償手段の検討、介護保険を含めたサービス調整を実施しています。
また、認知症をお持ちの患者さまなど入院生活にご不安のある際には、病棟スタッフと協力して患者様が病棟生活を安心して過ごせるようにサポートしています。

◆言語聴覚療法
当院の言語聴覚療法は、主に失語症や構音障害によるコミュニケーションでお困りの方や、高次脳機能障害で日常生活や社会復帰に難渋される方、摂食嚥下障害で口から栄養が摂れないことや、食べる楽しみが減ってお困りの方などに評価や治療を提供させて頂いております。
また、ご自宅にお帰りになった後でも安心して、その方らしい暮らしの実現に向けて、外来リハビリや訪問リハビリでリハビリを継続できる体勢をとっております。

【内部障害チーム】
肺炎や脳卒中、消化器系・血管系の術後などの急性期を主に対象としております。
入院後や術後翌日などから早期に介入し、飲み込みの評価から内服や水分、食事が行えるかどうか判断することや、食を通じてその方らしい暮らしの実現のために看護部や理学療法士、作業療法士と協力して治療を行っております。
また、歯科医師と連携し、詳細な飲み込みの評価として嚥下造影検査(VF)を行っております。栄養面としては医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、言語聴覚士で構成される栄養サポートチーム(NST)があり、チームで支える体制が整っております。
コミュニケーション障害をはじめ高次脳機能障害に関しても、早期からその方の人格や尊厳を尊重し、伝えられない苦しみや、孤独感などを理解し、少しでも和らげるようその方にあった言語聴覚慮法を提供させて頂いております。

【回復期チーム】
主に高次脳機能障害やコミュニケーション障害でお困りの方々に、その方らしい日常生活や社会参加の実現を目指し、様々な検査を用いて回復に必要な治療を行っております。
治療はご本人様のみではなく、その方を支えて頂くご家族様にも関わり方やコミュニケーションをとりやすくなるためのコツをご指導させて頂き、多くの方の協力とともに回復をサポートさせて頂いております。

 

リハビリテーション科ページへ

 部門の紹介ページへ戻る

部門の紹介