骨粗鬆症

骨粗鬆症看護外来について

骨粗鬆症は、WHO(世界保健期間)において、「低骨量と骨組織の微細構造の異常を特徴とし、骨の脆弱性が増し、骨折の危険性が増大する疾患」と定義されています。現在、我が国には約1300万人の骨粗鬆症患者がいるとされており、高齢化によってその数は増加傾向にあります。下の図に示すとおり、この病気は年齢とともにその有病率は増加します。

骨粗鬆症では、転んだりぶつけたりなどの少しの外力で骨折を生じ、骨折部位によってはそれが原因で寝たきりになってしまう場合もあります。
また、骨粗鬆症患者の中で実際に治療を受けている人は約2、3割であり、疾患に対する理解が不十分であることが問題とされています。

骨粗鬆症はそれ自体が無症状であり、背骨の骨折は痛みを伴わない骨折(いわゆる“いつの間にか骨折”)であることも多く、実際に治療を開始するきっかけとして、骨密度測定や背骨のレントゲン撮影、FRAX(骨折リスク問診票)、身長測定(若い時と比較して4cmの身長低下を認めると骨粗鬆症の疑い)などを推奨しています。

健康で長生きし人生を楽しむためには、内蔵はもちろん、筋骨格系を丈夫に保つことが不可欠です。

骨粗鬆症についての詳細は、当院整形外科の骨粗鬆症ページをご参照ください。

私たちは日本骨粗鬆症学会が認定する「骨粗鬆症マネージャー」という資格をもった看護師です。院内において骨粗鬆症リエゾンサービス委員会に所属し、骨粗鬆症による初発骨折【1次骨折】予防や、一度骨折した人が次に骨折する【2次骨折】予防に対する活動を行っています。骨粗鬆症の予防と治療には、薬物・運動・食事の3大療法が基本とされています。

看護外来では骨粗鬆症の基本から、食事・運動・薬物療法について、日常生活での注意点まで幅広くご相談に対応しています。骨粗鬆症の治療中の方はもちろん、「私は骨粗鬆症かしら?」とお悩みの方も来院をお待ちしています。

相談内容

主に以下の内容について当院オリジナルのパンフレット、専門誌を用いて対応します。
○骨粗鬆症について
○骨密度検査結果の見方
○血液検査の見方
○処方された薬剤について
○自己注射指導
○骨に良い食事の例
○転びにくい体つくり:運動について
○地域クリニックでの継続治療に当たってのご紹介
○定期的骨密度検査実施に当たっての診療科のご予約

スタッフ紹介

○看護師長 小尾礼
【資格】
看護師
保健師
日本骨粗鬆症学会認定骨粗鬆症マネージャー
日本リウマチ財団リウマチケア看護師
第1種衛生管理者
養護教諭

○新見彩
【資格】
看護師
骨粗鬆症学会認定骨粗鬆症マネージャー

骨粗鬆症リエゾンサービス(OLS)委員会メンバー

 

ご案内

○看護外来の日程とご予約について
毎月、第2火曜の午後に外来を行っています。
ご希望の方は外来予約センター、総合案内または、整形外科窓口にお声掛けください。
○外来場所
1階の外来治療室で行っています。売店の右隣です。

 

 

看護部「医療相談外来一覧」に戻る

整形外科「骨粗鬆症」のページを見る

整形外科「骨粗鬆症リエゾンサービス-当院の取り組み-」のページを見る

 部門の紹介ページへ戻る

部門の紹介