リウマチ

リウマチ看護外来とは

〇リウマチ看護外来の役割
今日、関節リウマチは薬物治療の進歩に伴い、発症早期から積極的かつ強力な治療によって、機能的寛解を目指す時代となってきました。診断から評価、治療において高度化、専門化しており、より安全で確実な医療が求められます。また、関節リウマチの治療目標は患者の身体的苦痛のみでなく、社会・心理・経済面まで多岐に渡るため、各分野の専門職が連携し患者さまを支えることが重要です。日本リウマチ財団※1は、「リウマチ性疾患のケアに関する優れた看護師を育成し、医師と連携・協働して 医療技術の進歩と医療水準の向上を図り、系統的治療により国民の健康と福祉に貢献すること」を目的とした「認定リウマチケア看護師制度」を2010年度から発足しており、私たちもこの資格を持った専門の看護師です。
治療の選択肢が広がった今、患者さまが安心して治療を受けられるよう、また患者さま自身が正しい知識を持ち、自己管理を行えるよう支援させて頂きます。
また私達は、良質な医療を提供するため医師との連携を密にし、情報共有を行なっています。治療に対する患者さまの思いは多種多様です。安心して満足した治療を受けて頂くために、看護外来ではプライバシーに配慮し、丁寧で分かりやすい説明を心がけ、治療中の皆さまをサポートして参ります。

関節リウマチについては、診療部の整形外科「関節リウマチ」をご参照ください。

※1.日本リウマチ財団では患者さま向けにリウマチに関する知識、専門医施設の紹介などを行っています。

http://www.rheuma-net.or.jp/rheuma/index.html

 

相談・指導内容

主に以下の内容について、医師の指示書のもと指導を行っています。結果については医師に報告し継続診療につなげています。

〇 関節リウマチ全般における基礎知識
病態、症状、合併症予防、検査データの見方、日常生活指導

〇 薬物治療について
内服薬(主にメトトレキサート)や生物学的製剤の作用機序、用法、副作用と対策

〇 全身状態の把握
口腔内病変・足病変の観察、定期検査(単純レントゲン、CT、感染症検査、リウマチ特殊採血、骨密度)の実施状況と結果の確認、手術を受ける方の確認事項など

〇 社会福祉や経済面
高額療養費制度や身体障害者制度などのご案内

※ 上記の結果から必要時、歯科口腔外科・フットケア外来・医事課・医療ソーシャルワーカーとの連携を図っています。

 

スタッフ紹介

〇 看護師長 小尾礼

【資格】
看護師(看護学士)
保健師(保健学士)
日本リウマチ財団認定リウマチケア看護師 2012年取得
骨粗鬆症学会認定骨粗鬆症マネージャー※2
第一種衛生管理者
養護教諭

【講演実績】

2017年 骨粗鬆症地域連携の会 院内型リエゾンサービスと運用後の変化-薬物治療率は向上したか-
2016年 骨粗鬆症チーム医療勉強会 当院における骨粗鬆症マネージャーの活動と取り組み後の結果
2016年 骨粗鬆症チーム医療勉強会 当院におけるリエゾンサービスの実際
2015年 Remicade Nurse Seminar千葉 リウマチケアにおける看護師の役割-症例から見る教育的介入とセルフケア向上にむけた関わり-
2014年 Remicade Nurse Seminar千葉 当院における関節リウマチに対するインフリキシマブ継続率の検討-脱落症例から見えてきたこと-
2013年 教育研修会 リウマチ外来における今後の展望
2012年 院内研修 当院における生物学的製剤の使用状況と関節リウマチ患者への看護

※2: 関節リウマチの方は、骨粗鬆症になりやすいため半年〜1年に1度、骨密度を測定することを推奨します。骨粗鬆症に対するご相談もお受けします。
骨粗鬆症学会ホームページ http://www.josteo.com/ja/index.html

 

〇 塩田恵理子

【資格】
看護師
日本リウマチ財団認定リウマチケア看護師 2014年取得

 

〇 加良教江

【資格】
看護師
日本リウマチ財団認定リウマチケア看護師 2016年取得

 

ご案内

○ 看護外来の日程とご予約について
毎月 第2火曜、第4金曜の午後に看護外来を行っています。ご希望の方は担当医師、または整形外科受付にお声掛けください。
当院を初めて受診される方(初診)は、事前に医師の診察が必要になります。当院でリウマチを治療中の方(再診)であれば、外来予約センターでの予約も可能ですが、医師へ相談のもと実施させて頂きます。

○ 実施場所
1階の外来治療室で行っています。売店の右隣です。

 

相談内容の例・よくある質問

Q.リウマチは治るのですか?
A.医師のページにも記載がある通り、発症原因の40%が遺伝的要素とされています。今のところ遺伝子を変えることは出来ません。しかし、現在は副作用が少なく、効果の高い薬剤が多数出てきています。早期にうまく使用すれば、寛解(かんかい=症状のない状態)という目標を達成することができ、関節変形の進行も抑えられます

 

Q.メトトレキサート(MTX)を飲み忘れてしまった。どうしたらいいでしょうか?
A.慌てることはありません。朝の分を夕に、夕の分を翌朝に、という風に1回分ずつずらして飲んで構いません。1日分忘れてしまった場合でも翌日にずらして飲んでください。その時は葉酸も同じだけずらして飲んでください。

数日分の飲み忘れに気付いた場合、その分をまとめて一度飲むことは避けてください。もし、数日間服用を忘れた場合は、その週は飛ばし、翌週から再開してください。

【例:1回分忘れた場合】

 

Qメトトレキサートと一緒に葉酸を処方されましたが、気をつけなければならないことは何ですか?
A.葉酸は、メトトレキサートの容量が多い方や副作用の出やすい方に処方されます。葉酸を飲むことでメトトレキサートに起こる副作用(口内炎・吐き気・下痢・肝機能障害)を防ぐことができます。
葉酸は必ず指定された用法・容量で内服してください。一度にたくさん飲んでしまうと、メトトレキサートの効果がなくなり、リウマチを悪化させる原因となってしまいます。アプリメントや栄養補助食品(青汁など)に葉酸が多く含まれている場合があり、摂取する際には必ず主治医へご相談ください。

 

Q.生物学的製剤の点滴と皮下注射とでは効果が異なりますか?
A.効果はほぼ同等とされていますが、製剤によって効果不十分時の対応能力に差がみられます。詳細は主治医へご相談ください。

当院では、患者さまの病状はもちろん、ライフスタイルや社会的背景、年齢、性別など様々な面を考慮の上で、薬剤を選択しています。

 

Q.肺炎球菌ワクチンのお知らせがきましたが、受けても良いですか?
A.出来る限り接種することをお勧めします(※ 医師により接種が可能と判断された方)
抗リウマチ薬(メトトレキサートや生物学的製剤など)を使用中の方は、通常よりも免疫力がやや低下するため、感染症にかかりやすいといわれています。一度、肺炎等に感染すると重症化しやすいため、肺炎球菌ワクチンの定期接種をお勧めします。
※ 予防接種の中には、上記のような不活化ワクチンの他に、生ワクチン(麻疹や風疹、水疱瘡)もあります。免疫抑制剤を使用中の患者さまは生ワクチンを受けることが出来ません。予防接種についての相談や疑問も是非ご相談ください。

 

Q.関節リウマチの治療中ですが、妊娠を希望しています。可能でしょうか?
A.リウマチ患者さんでも妊娠出産は可能ですが、妊娠を希望される方は、事前に必ず医師へご相談ください。使用している薬剤により、胎児に悪影響を及ぼす可能性がありますので、必要に応じて薬剤を変更する必要があります。

妊娠を希望していなくても、適齢期の女性であれば妊娠する可能性があります。もしリウマチ治療中に妊娠が判明した場合、必ず主治医かリウマチ看護外来までご連絡下さい。主治医の外来受診が困難な場合でも、リウマチ看護外来でご相談をお受けいたします。

 

Q.リウマチだとスポーツは制限したほうが良いですか?
A.継続した治療により病状が落ち着いた方(寛解状態)であれば、特に制限の必要はありません。適度な運動は免疫力を高めるといわれており、筋力低下や骨粗鬆症の予防にも役立ちます。

ただし、リウマチの発症直後や病気の活動性が高い(病状が悪い)場合は、激しい運動は控えて下さい。痛みが出た場合、無理をせず休息を取ることが重要です。特に痛みの強い部位や関節については、主治医・リウマチ看護外来にてご相談下さい。一緒により良い治療法を見つけていきましょう。

 

医療相談一覧ページに「戻る

「関節リウマチ」ページを見る

 部門の紹介ページへ戻る

部門の紹介